MENU

周囲に親しまれるゆとりある女性になるには

周囲に必ず一人はいるなんとなく親しみやすい女性、いますよね。
よく観察してみるとそんな女性にあるのは、外見の美しさよりも、しっかり人を引っ張るリーダータイプの気質でもなく、なんとなくある余裕・ゆとりといったゆる〜い雰囲気ではないでしょうか。
最近各地でブームになっているゆるキャラが人気なのも、ゆる〜い雰囲気が人を和ませてくれるからなのでしょう。
周囲に慕われるゆる〜いゆとりを生み出す女性は、もちろん男性にとっても一緒にいてほっとできる存在になるので人気があります。

 

比較をしない

ゆとり教育が良いとは言い切れませんが、人と競争する=甲乙つけて比べるということをしないのは、他人の状況と比べて自分を追い込むことから開放できます。
例えば、自分の容姿や収入、友人の彼氏まで、気になるものはいつも比べてしまっているものです。
「あんな状況よりはいいかも」
「あの子より私の方が格下かも…」
こんな思考をめぐらせているとゆとりは生まれず、いつも心はギスギスしたままです。

 

義務でやる事はない

女性は女性らしくふるまうべきである、○○すべきではない!というような決め付けで行動していると、いつもプレッシャーがかかってしまいそこにゆとりは生まれません。
あくまでも、自分自身が望むことをすればいいのです。
男性にモテてみたいから可愛くなりたい、女性らしくなりたいな。
というように自分が主体で考えるようにしてみましょう。
プレッシャーから開放されて、ホッとできるはずです。

 

相手に強制しない

普通は、一般的には、常識では、こういう言葉を並び立てて自分の考えを押し付ける女性はどうしても敬遠されがちです。
例えば日本では常識だとしても、海外ではそんな常識が非常識になることだってあります。
もし自分の意見を主張したいのであれば、「普通だったら」を「私だったら」に言い換えてあくまで個人の意見だということを踏まえて話をするようにしましょう。
この点を言い換えるだけで、自分の意見はしっかり言える女性、でも相手には強制はしないということをアピールできます。
ゆるさの中にも自分の意見はあると男性にアピールできれば好印象です。

 

ネガティブよりもポジティブ口調で

○○が苦手で嫌いだから、行きたくない。
このワンフレーズだけでどれだけネガティブ要素があるでしょうか。
その場に男性がいたら「嫌な感じ」と悪い印象を与えてしまうかもしれません。
聞いただけで雰囲気がなんとなくツンケンしていまいます。
逆に、私○○が好きではまっているから、ここに行ってみたい、という一言だとそれだけでパーッと雰囲気が変わります。
自分の好きな話題や好きなものの話を選ぶことで、人を不愉快にさせるようなこともありませんし、話題も盛り上がります。

 

最後に

普段の心がけ一つで、ゆとりのある親しみやすい女性に変われるのです。
心にゆとりのある、適度なゆるさのある女性は男性にとっても一緒にいて落ち着ける存在です。
心に適度なゆるさがあると変な力が入らず自分らしくいられるので、そこがまた男性にとっては魅力的に映る要素になります。