MENU

不倫はソウルメイト出現の可能性あり?

モラルとしては許されない「不倫関係」ですが、恋愛を語るうえで消えないのは何故でしょう。
堂々と誰にもいえない関係だからこそ、その行動のメリットとデメリットが気になります。
結婚しているのに、どうして他の異性を好きになるのか?
ただの「好き」だけではない可能性も探りながら、考えてみましょう。

 

 

1.密かに逢うスリルと現実のバランス

 

不倫ときけば、まず考えるのが「結婚相手に満足していない」「時間とお金がある」といったことです。
ドラマや映画でも、少しお金持ちっぽい雰囲気の人たちが、繰りひろげるものと感じます。

 

なんとなく、高級ホテルの最上階で、ドラマチックに食事するシーンが思い浮かびます。
でもそれを続けるのって、費用的に大変ですよね。

 

最初はステキなシチュエーションでも、費用の面から、逢う場所が普通のホテルに変わり、食事も質素になっていくなら、お互いにどう思うでしょうか。

 

普通に付き合っている男女と、あまり変わらないデートなら「不倫ならではのスリルと快楽」は消えていくかもしれません。
それでも「これほどいろいろな話ができて、この人なしでは生きられない」という想いが変わらないのなら、不倫と現実のバランスが上手くとれているということです。

 

たとえ不倫相手でも、全身全霊に心を満たしてくれるなら、それは、結婚相手ではない「運命の人」を見つけたといえるでしょう。

 

 

2.常識をこえた愛とソウルメイト

生涯で出逢えたとしたら、奇跡といわれている「ソウルメイト」。
前世で深く関わっていた人に、今生で再会できた人たちのことをいいます。

 

ソウルメイトについては、ネット上でもいろいろな意見があり、その神秘的な部分は解明されていません。
ここが、どうしても離れられない「不倫関係」と繋がっていくわけです。

 

「結婚相手とはうまくいかないのに、どうしてこの人と出逢って愛したのだろう?」
その疑問は、不倫関係の状態の男女が、常に感じているものでしょう。

 

その答えのなかに、出逢ったタイミングがズレただけで、不倫相手としてソウルメイトが現れたのかと考えるのです。
前世からお互いを想い、今生でも愛し合う運命なのだと感じるのですね。

 

もしも不倫関係にある人が、ソウルメイトという言葉を口にだしたら、神秘的な運命の出逢いだと考えています。
先に話した、不倫をつづけるための時間と費用をかけてでも、離れられない理由はソウルメイトだからと、納得しているのかもしれません。

 

不倫関係を清算することなく、バレて慰謝料の話になったとしても、一緒にいる幸せを感じるならどうでしょう。
常識をこえた愛とソウルメイトは、深く繋がっている可能性もありえるでしょうね。

 

 

おわりに

リスクの高い不倫関係をつづける2人にとって、他の誰にもわからない「ソウルメイト」の出現を信じていることが、心の安らぎになっていることがあります。
「誰にもいえない」と「誰にも理解できない」この2つが重なりあい、メリットとデメリットを吹き飛ばしてしまうほど、愛しているなら、そもそも不倫に損得は存在しないのかもしれませんね。